« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

社会復帰への道

今年から始まったシルバーウィーク。

おいらは木・金と代休&有休を取って9連休。

ただぼけーっとしててもよかったのですが、「世界で一番美しい場所」、憧れの九寨溝・黄龍に行って来ました!

久しぶりの長い旅行。なんと6泊7日です。

行った都市は、成都、九寨溝、黄龍、上海。上海は旅行会社にごねて(?)アレンジ滞在しました。

パスポートを見ると、中国は今回で6回目。

3年で6回。そのうち仕事は5回。働き過ぎデス…。

初めての上海観光はかなり充実。上海が好きになって来ました。

やはり現地の人の案内があると無駄がありません。

今回は、1日目の夜を現地に出向している日本人に、2日目の夜を現地採用の日本語ペラペラ中国人に付き合ってもらいました。

やっぱり中国人はパワフルだなー。

現地採用の子には

「本社だとパグさんと一番仲良し!同級生だしね!」

と言ってもらえてカンゲキ。仕事で全くかかわりないんですけどね(笑)。

中国が勢いがあるっていうのが人から感じられて、日本の衰えを心配したりして。

あの、油からくるスタミナは並大抵のものじゃありませんよ。

旅行の詳細はおいおい書くとして、明日からの社会復帰に気が進まないおいらでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度とない出会い

先ほど、衝撃な出会いがありました。

人生のうち、こういう出会いを経験する方はそういないのではないでしょうか。

明日は後輩の結婚式。

履いていこうと思った靴は、最近ではお呼ばれの時にしか履かないので忘れていましたが、そういえばかかとがすり減ってました。

直しに行かないとな~。

と前日に直しに行くあたり、さすがおいらです。

10分くらいで仕上がるとのことで、ちょっとぷらぷらして直った靴を持ってお店を出ると、前には一人のおじさん。

そのおじさん、気がついたようにあるところにそろそろと近寄って行きます。

向かう先は、なんとおいらの自転車!

あわてて出てきたので、自転車の鍵を忘れてしまい施錠しなかったのですが、鍵が掛かっていない自転車を見つけた様子。

それ、おいらのだってば!

と思いながら後ろを歩くおいら。

おじさん、明らかに挙動不審です。

だって、おいらの自転車に近づく理由は人には言えない理由でしょ?

自転車に手を掛けようとした瞬間、

すみません、それおいらのなんですけど!

と声をかけると、間違えました、すみませんの一言もなく4台隣の自転車へ。

おいらのは後輪に荷台のないタイプなのですが、そのおじさんが手を掛けたのは後輪に荷台があるタイプ。あやしい…。

と思いつつ、じーっと見ていると、そのおじさん、数字を合わせるタイプの鍵をあっという間に開けるではないですか!

開けちゃったら、あなたのではないですよね?とは言いにくい。

とそのまま帰ろうとしたのですが、やはり良心がとがめます。

戻ってみると、もうおじさんはいませんでした(当り前か)。

結局、近くの交番で一部始終を話しました。

こうやって自転車って盗まれるんだな~と思った秋の夜でした。

番号を合わせるタイプの鍵って、みんな最後の1つしか回さないって聞くけど、大概そうなんでしょうねぇ。おじさん、プロですわ。

おいらは、どういう対応をとるべきだったんでしょうか。

コメントでご意見下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »