« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

ブログ総集編

本日で怒涛の2007年も終わりです。

ココログにはアクセス解析機能がついておりますので、この3ヶ月のまとめを発表しましょう!

累計アクセス数は1000HITを突破。カウンター設置はブログ開設より多少後ですので、ちょっと誤差はありますけど。皆様ありがとうございます。

どんな検索をして皆さんがここにたどり着いたかというと、

1位 潜水パグ(みなさん、ブックマークして下さい…)

2位 divingpug(上に同じく…)

3位 パグ

でした。

おもしろいところでは、

お酒 痩せる

JR 忘れ物 最寄り駅で 受け取り

プレミアムビール ダメだし

上司が仕事をしない、秘書

なんていうのもありました(笑)。

来年はどんな検索で皆様このブログにたどり着くのでしょうか?また折を見て発表します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大絶賛フィナーレ

昨日は仕事納め。

掃除をして納会なのですが、おいらは掃除を免除してもらってひたすらお仕事。終わらなきゃ帰れないですからね!

そして納会。

社長がやって来て、どうやらおいらの悪口を言っている最中にタイミング良く(?)おいらが登場。

「いや~、お前タイミングいいな!今、お前は生意気だって話をしてたとこだけど、同じ部署の人間、誰も否定しなかったぞ!」

…そうですかい。

その後、うちの部署の納会はお開きになり、他部署の納会に潜入していると、最後の〆の社長の挨拶が始まるやいなや、

「ここにいるパグはな、今週海外に遊びに言ったんだぞ!」

って、他部署でもその話ですかい!?本当に遊びに行ったと誤解されたらどうするんだー。みんな社長の人となりを知ってるから、そういう意味ではないと思ってくれてると信じるしかありません。

この納会も終わり、向かいの人と飲みに行こうと約束していたので、出発しようと席に戻ると、取締役がまだ残っているのが見えました。あれ、取締役は今日は帰るから、新年会をしようという話になったって飲み仲間のおじさんが言ってたよね。

ここで、パグさん、何を思ったか、

「今から○○さんと飲みに行くんですが、取締役も一緒に行きませんか?」

と声を掛けてしまいました。(注:普通、平社員は取締役を飲みに誘ったりしません・笑)

とある海外駐在者から、最近取締役はみんなと飲みに行かなくなったと寂しがっていた、というのを聞いていたんですよね。

何だかんだ総勢7人で、会社の近所の安い中華料理店へ突撃!

そこで取締役にこう言われました。

「パグさん、この3年で本当に大人になったよね。最初のアメリカの件をやってるときは、議事録を読んでもパグさんの意見を書いてあって事実が書かれてなかったけど、今日の出張報告は完璧でしたよ。事実とパグさんの意見が明確に区別出来ていて、聞いていて安心出来ました。自分でそういうの感じない?昔は、『私が全部一人でやってるんです』みたいな態度だったけど、今はうまーく他部署の人と連携が取れていて、物事を上手に進める方法を身に付けたな、と思います。」

すみません、感じません…。大人になったというのであれば、多分あきらめたことが多いのだろうな、とは思いますが。

他にも、別のお偉方に、

「パグさん、出張報告ありがとうございました。やはり出張報告は帰国の翌日に提出しないとね。だんだん美辞麗句で事実が塗り替えられてしまうから。私はこういうのが大好きです。」

と褒められました。これに対しては、

「子会社の社長には、『お前はまだビジネスマンじゃない。出張報告は帰国日の夜に仕上げて翌日朝に提出するものだ。そうすれば、翌日の朝から溜まっている仕事を片付けられる』と怒られましたよ。」

と言うと、

「ははは、彼らしいですね。でも、私は朝じゃなくても次の日中に出せば十分だと思います。」

とのお言葉。ありがとうございます。

そんなこんなで1年の締めくくりは、いろんな人から褒められ続けた1週間になりました。

終わりよければすべてよし。来年もいい年になりますように!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

be ambitious

この日は、朝7時半にホテルで待ち合わせでした。

9時の飛行機に乗って2時間のフライト、のはずが離陸の遅れで30分の延着。

約束の時間が迫っていたので、止むを得ずお昼ごはんを食べずに打ち合わせをして、気が付けば帰りのフライトの時間。

12時間ぶりに口にした固形物は、機内食でした。おいしい!!

さて、同行者と共にした時間は14時間。そんな中でこんな話をされました。

「今もっている能力を生かして単身でこの国に乗り込んで、ローカルを何人も雇ってビジネスを起こすっていうのはどう?私がパグさんなら、絶対やるな。私はね、社内ベンチャーをやっている人がうらやましくてたまらなかったの。会社を最初から立ち上げて成功してみたいなーって。ギラギラした人間だし、わかるでしょ?」

そうだなー、面白そうだとは思うんですけどね。おいら、営業センスがないんですよ。人見知りだし。会社の仕事も面白いと本当に思っているんですよ?これでも(笑)。

「パグさんも今の部署はこれから人がどんどん増えるし、いつまでも一番上の方でキラキラ輝く人でいてね!」

今は輝いて見えてるのかな。うれしいですね。ギラギラしてるだけだったりして(苦笑)。

この方とおいら、本当に似たもの同士なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語、出来るでしょ?

社長に「お前の部署はみんなネイティブレベルで語学が出来るやつが多いな。お前も語学を何とかしろ!」と言われた話を出張中にしたところ、

「???パグさん出来るでしょ?」

と驚き顔。

「えっ?私の英語を聞いたことがあるんですか?」

と聞くと、

「朝、運転手に”Good morning”って言ってたじゃない。後、受付の子に英語で話しかけてたでしょ?」

とのことなので、

「”Good morning”って挨拶じゃないですか!しかも受付の子に英語で話しかけたら、”I can't understand Japanese”って言われたんですけど?」

と言うと、

「あっ、そうなの?(笑)」

と目を逸らされました。

…誤解されてるようです。過大評価は困りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスプレゼント

帰ってきました!

さすが年末、クリマスス連休(おいらは12日連続出勤だけど)とは言え、飛行機ガラ空きでした。

この2ヶ月、ちょっとネガティブループに入り込んでましたが、それを全否定してくれるようなうれしい言葉を頂きました。

「あなたの上司は全面的にあなたを信頼していますよ。こうやりたい、ああやりたいという自分の意見を持って相談してくる部下は、上司にとって動きやすいものなんです。あなたのやっている仕事は、会社にとって『おへそ』でしょう?私たち海外にいる人間も、あなたのような人が日本にいてくれると安心できます。それは私もあなたを頼りにしているからです。異動なんて、あなたの上司だけじゃなく、私も許しませんよ!」

感涙

「私の目を見なさい。これは真剣に言ってるのですよ!!」

うう、ありがとうございます。

その話を他の出向者にしたら、

「新しい人が入っても、パグさんが出来る仕事が出来なかったらやっぱりパグさんは異動出来ないんじゃない?『人を入れること=同じ仕事が出来る』というわけじゃないからね。パグさんが今の部署からいなくなることは海外にとっても影響が大きいから、僕たちの許可なしでは許されないよね。」

なんか、頼りにされてます??うれしいなー。

この言葉を思い出して、帰りの飛行機で泣いちゃいました。傍から見ていたら映画見て泣いているようにしか見えなかったと思いますけど(照)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ザ・リベンジ

今日から先月のリベンジ出張に行ってきます!

クリスマスに出張かぁ~、という話をすると、大抵皆様経験があるようで。一人前の社会人になるために誰もが通る道なのかもしれません(涙)。

年末ということもあり、1都市にほぼ1日しかいない弾丸出張。付き合わされる出向者の方がかわいそうという話もありますね…。パグとしても、温度差20度の移動は勘弁してくれ~というのが本音です。

先月とは打って変わって、さすがに開き直ってます。失敗できないというプレッシャーすらもう感じません。

そういえば、入社面接で自己アピールで「打たれ強いんです!」と言ったことを思い出しました。金属は、打って鍛えるとちょっとやそっとのことでは折れなくなるそうですよ。種類によっちゃ、酸に弱かったり硫黄で変色したりしますけどね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本心を探る!

今週はとにかくバタバタしてます。昨日も帰ってきたのは日付が変わる直前!

みんな、自分のことって一生懸命やるでしょ。なのに自分が当事者じゃないと、あまり熱心に動いてくれなかったりする。

そんなジレンマにイライラさせられた今日。

出張のスケジュールが決まらないので、上司に子会社に電話するようにお願いすると、「時間ない。パグさん掛けてよ。」との返事。いつもそうだから子会社とケンカするんじゃん、おいらが(爆)。

恐る恐る怒らせないように電話すると、「僕はね、パグさんの負担がどうやったら軽くなるか考えてるの。打ち合わせが1回で済むんだったら、その方がいいでしょ。」とこりゃ驚きの発言。いや~、愛されてます。

宿泊場所に関しても、「今回はもっと安いホテル取ってあげるよ。(パグが「会社まで歩いていけるって言ってたとこ?」と聞くと、)あっ、そうだったね。あそこにしよう。」と、細やかなお気遣い。前回のホテル高くて、あやうく足が出ることでしたもん。しかも会社まで遠いし。

そこで調子に乗って、ヤケクソで「クリスマスは、一緒にチキン食べてケーキ食べてシャンパン飲みましょうね!!」と作った明るさで言うと、

「え~、・・・それって私がかわいそうだと思いませんか?パグさんもかわいそうだと思うけどさ・・・。」と真剣に嫌そう。

うう、いいですよ。今年は一人でホテルの風呂につかりながら、ビールでも飲みますよーだ(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I believe

フィギュアスケート・グランプリファイナル、本当に熱戦でしたね。

高橋選手、ショート1位で日本人初の金メダルが掛かっていましたが、僅かの差で銀メダル。

浅田真央選手、ショート6位からフリー1位の演技で銀メダル。

キム・ヨナ選手、17歳とは思えない表現力で2シーズン連続の金メダル。

本当に最後まで結果が予想できないドキドキする大会でした。

今回、高橋、浅田、キムの3選手に共通して言えるのが「精神面の強化」。

失敗しても引きずらない、最後まであきらめない-理屈ではわかっていてもなかなか実行できることではありません。

これは、パグも見習わなければいけない部分です。

仕事上での失敗やうまくいかないことなんて本当に多い。

それでも、みんなが「パグさんにやって欲しい」と頼んでくれる。これって幸せなことだとつくづく思います。

今まで「誰もやったことのないこと」をやらせてもらうチャンスを与えられるなんて、やっぱりすごいこと。特に去年までなんて、人に仕事を教えてもらうのが仕事みたいな職位だったんですから。

うまくいったときって、何でも自分のおかげだと思っちゃうけど、失敗してまわりの人に支えてもらっているからうまくいってたんだと再確認。失敗したときだって、みんなおいらを絶対責めないし、逆に上司ももっとおいらの仕事の理解を深めなきゃ、と思ってくれるはず。

おみくじでも「途中は紆余曲折あるけど最後はうまくいく」のようなことが書いてあったので、最後は自分が「任せてもらえてよかった」、上司が「パグさんに任せてよかった」と思えるような結果になることを信じて前進するのみです。

この仕事、うまくいったら、高級なレストランでおいしいお酒を飲むんだって決めてます。もちろんおいらのおごりでね!

それだけで済まずに、子会社の人に抱きついて泣いちゃいそうです。これってセクハラになるのかなぁ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さすが★★★

高尾山はミシュランが三ッ星に選んだ観光地らしいですな。

パグは三ッ星に選ばれる前から行ってましたよ(笑)。

本当は紅葉の時期に訪れたかったのですが、さすがに…もう枯葉ですね。

しかし、冬は冬のよさがあるってものです。

071216_1218 雪化粧の富士山がばっちり!

この写真、逆光で撮るの大変だったんですよ(だから手前の木にピントが合っている、ということのしておきましょう・汗)

個人的にはびわ滝コースがオススメです。

今年の高尾山は今日で登り納めかな?また来年もよろしくお願いしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極楽トンボ

いろいろ回りの方々に心配されておるおいらですが、精神的には至って元気です。

それよりも風邪をもらったらしく、おとといから吐き気、だるさ、食欲不振で、熱こそ出ないのですが身体が重いです。体重計は半年振り位の軽い体重を示していますけど(笑)。

おいらはストレスがたまると運動して発散することが多いです。

もやもやしていたときに、会社の飲み仲間に「山登り行きましょう!山!!」と言ったら、何故か山でバーベキューをすることに。食材持って登るんですか~!?

他の人が重そうな燃料とか機材とかを担当して下さったので、おいらは「肉」担当です(笑)。でも、食欲ないから肉は食べれないと思うけど。その前に山に登れるのか?という不安さえあります。

また、パグに負けず劣らず精神的に弱い海外駐在者と、

「今の状況を言葉に例えると、正に『必死』。必ず死ぬね。」

「こっちは『決死』ですかね。死ぬのが決まってます。」

「どっちも五十歩百歩だな~。ホントこっちにパグさんみたいな人がいたら楽だと思うよ。」

「そんなことを言ってくる会社は山ほどありますよ!だからおいらが『決死』になるんです。」

と国際電話で弱音談義(笑)。

こんな風に、弱いながらも生き延びております(笑)。

来週も休日出勤だろうしなー。連休っていったい何のこと!?(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりいいね~、温泉は♪

ちょっと前の話ですが、温泉に行って来ました。気に入った温泉は、宿を変え何度も通うおいらです。

行ったのは渋温泉。宿泊者しか入れない外湯や情緒たっぷりの石畳がメイン通りには敷き詰められています。

渋温泉には実はかなり前から通っていて、周辺の観光はほぼ終了。という訳で、チェックイン開始時刻に到着し、その後はひたすら温泉に入るというとっても贅沢な旅を毎回満喫しています。

今回の宿は、ずーっと憧れだった金具屋さん。こちら、千と千尋の神隠しで登場する油屋のモデルになったとかならないとか。

Kanaguya1

わかりにくいかもしれませんが、この日、初雪だったようです。

朝の景色はこんなカンジ。

Kanaguya2

建物も歴史的な建造物で素敵ですが、何といってもこちらには内湯が8つもあるのです!パグは1泊2日で11回も入るという偉業を達成しました!!(全湯制覇!)もちろん渋温泉の外湯は去年来た時に全湯制覇してますよん。

信州は栗も牛もあるし温泉もあるしよいですわ~。寒いのが苦手なおいらにとって、冬に行くのは勇気がいりますが、温泉はやっぱり冬ですね~と今回雪見風呂に入りながら実感しました。

金具屋さん、やっぱりよかったです。

Kanaguya3

次回はどこに泊まろうかな?また来年のお楽しみです(←本当に毎年行っている)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精神と肉体のバランス

昨日の忘年会で言われたこと。

・鬱病に気をつけて!

・そんなにギラギラしてるってすごい!

・人間としての幸せを考えろ!

「うつ病になりやすい性格としては、仕事熱心、こり性、生真面目、几帳面、正義感・責任感が強いなどの特徴があります。「No」といえないので何でも引き受けてしまい、無理を重ねた後に仕事がこなせないと「自分の責任だ」と思い込んでうつ状態になってしまうというわけです。“ちゃらんぽらん”だとうつにはなりません。」(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学より)

確かに、性格的にはどんぴしゃりですね…。しかし、おいらは後輩にも「数少ない”NO”と言える日本人」と言われていますからね。どうなんでしょうか?

この前も、出張前に書類手配にドタバタした理由を役員に問い詰められたら、「確かに準備不足ですが、根本的な原因は私がオーバーワークであることを認識していて適切な措置を施さなかった人事的救済の遅れ、でしょうか。」と堂々と言い放ったおいらです(ちなみにこの質問をしたのは人事担当の役員です・苦笑)。

症状に関しても、1)うつ気分、2)意欲・行動の障害、3)思考障害、4)身体症状、5) 日内変動、季節変動のうち、3)以外は思い当たりません。最近記憶障害なんですよね~。これを加齢って言うんでしょうけど…(涙)。

今日も休日出勤しましたが、この注意を真摯に受け止め月曜日は代休を頂くことにしました。そういえばがん検診にいこうと思って申し込んだけど、まだ行けてないな~。しかし、休日出勤して平日に休むってどうなんでしょうね?上司には「同業の人に鬱病になる危険性が高いから休めと言われたので休みます。」という怪しげなメールを送っておきました。

ギラギラしてるのは、自分でも認める野心家ですから仕方ないんですよね。さすがに今は人を蹴落としてでも出世したいとは思いませんが、自分が将来どういう風になりたいか、ということを考えると欲が出ちゃいます。何せ「人と違う」ことがよしとされる業界で働いてますから(笑)。

本人的には、免疫疾患の方が気になります。過去に身体障害者認定一歩手前まで行ったことありますから。

いずれにせよ、歩けない、というどん底から這い上がってきたので、何とかなると思ってしまう、親曰く「極楽トンボ」なパグなので、皆様そんなにご心配なく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

急浮上!

迷宮入りしそうだった仕事の出口案内が見つかるかも?という急展開を遂げた本日。

そう思うと何でもうまくいくような気がしてきました。いや、単純ですな。

子会社の人にも電話してそのことを伝えると、

「こっちは毎日大変なんですよ~。その他も似たようなことばっかりですから。私は毎日死にそうですとみんなに伝えて下さい。」

とめずらしく弱気。そこで

「いや、あなたがいるからこその子会社ですよ。あなたなら大丈夫!あなたになら出来ます!頑張って下さい!!」

と言ってみると、

「もしかして私はパグさんに励まされているのですか!?(笑)」

とよい反応(笑)。そこで、

「いえいえ、私もいつあなたに会うのが最後になるかわからない人間ですから…」

と嫌~なことを匂わすと、

「嫌なことがあったらこっちに遊びにおいで!待ってるから!!」

とナイス励まし返し。幸せ者ですね、おいらって。

すっかり機嫌をよくしたおいらは、1ヶ月ぶりに定時30分後に会社を去り、3週間ぶりにピラティスへ。ピラティスいいね~。

来年は、顧問と「メンタルコントロール」をトレーニングして、「この人、ちょっとわからない」人を目指します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プライド

おいら、自他共に認めるプライドの高~い犬です、ハイ。そして短気です。

今日、こんなことがありました。

何でもおいらの仕事に関する打ち合わせを外部の専門家を呼んで行うので出て欲しいと言われ、「準備することはありますか?」と聞くと、「ありませんよ。」と言われたので、打ち合わせの趣旨がよくわからんな~と思いつつ事前準備ナシで臨みました。

しかし、打ち合わせが始まると同時に

「じゃあパグさん、説明して。」

との声が。

はい?

…事前準備なしでも説明出来ちゃうおいらがすごい。って、ずっと携わってきた仕事だから当たり前ですけど。

しかも、この話ってこの専門家の人と打ち合わせて作った戦略なのに。

専門家の人も「今出来ることはすべてやっていますので、あとは細かいことをどう判断するか、ですね。」と肯定的です。

するとあろうことか、上司の1人が、

「パグから何回か同じ説明を受けているのですが、先生にそう言って頂けると安心です。」

などど言うではありませんか!

それって、おいらを信用していないってことですか??それをよく本人の前で言うな!!しかも戦略のあらすじはおいらが作ったんだぞ!?(号泣)

さすがに腹が立って、後で別の上司に文句を言いに言ったところ、

「パグさんは気に食わないと思うけど、会社の判断としてはああされても仕方ないよ。でもさ、パグさんが説明したことを先生が説明してくれるかと思ったけど、パグさんに説明させてそれに頷いてただけじゃない。ちょっとがっかりしたなー。」

と言われたので、

「相手はたくさんのクライアントを抱える専門家です。うちもその1つに過ぎないんですよ。いくら専門家とは言え、社内の担当に社内事情や情報で敵う人はいません。クライアントの細かい状況までいちいち覚えている専門家なんていませんよ。」

と反論してしまいました。

この前の仕事で社内の信頼を失ったのは知ってるけど、ここまでしなくてもなー。さすがに今日は、この打ち合わせが終わった直後に、同席していた同い年の子に、

もう会社辞める!!

と叫んでしまいました。

うーん、最近負のループにはまってるなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手です

最近おいらを悩ませてくれるのは「嘘をつく人」。

これが意外に多いんだな~。

嘘に嘘を塗ったって、絶対どこかでボロが出ると思うんだけどなぁ。

しかもおいら、あんまり頭よくないので、気の利いた嘘をつけないんだよね。

プライベートならまだしも、仕事で客や同僚を巻き込む嘘はやめてよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

価値観の相違

一度約束したら、なるべくキャンセルしないようにする。

…これって当たり前のことですが。

久しぶりに会う約束していた友人から来たメールは、

「○○日だけど、いろいろ仕事が入っちゃって行けそうにありません。ゴメンね。」

何っ!

1年以上会っていなかったから楽しみにしてたのになぁ。しかもこの約束したときは、仕事一段落着いたって言ってたジャン!!

おいらも毎日21時まで仕事して、この前はついに休日出勤しちゃったりなんかしたけど、なかなか会えない人との約束をキャンセルしないようにこういう努力してるんだけどな。

断る理由が「自分のため」みたいに見えて、ちょっと悲しいぜ。

こういう断り方をされると、こっちからは当分誘わないだろうな、と思ってしまいます。

嫌ね、心が狭くて(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

度量と忍耐

出張中、移動の車の中でこんな話をしました。

「Aさんはやらなきゃいけない仕事があって、頑張り屋だけど、パグさんとの仕事は自分がやりたい仕事だから、他を置いておいてもやりたいんだよね。それで暴走しちゃうの。他の仕事との兼ね合いで仕事がうまく回るよう、上司が調整しなきゃいけないんだよね。」

では、暴走する人の上司をするのと、どんな仕事も断る人の上司をするのはどちらがいいですか?と聞くと、苦笑いしながら、

「前者は上司に度量、後者は忍耐が必要だよ。」

とのこと。

度量と忍耐ですか。両方ないな、おいらには。そしてはっきり言われましたよ。

「あなたはまだ人の上に立てる人間じゃないよ。」

そ、そうですか。

…あれ?

「まだ」ってことは見込みはあるのかな??なんてね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

怒涛の1週間

それはそれは大変な1週間でした。

日曜日、現地に向かう飛行で「機内食足りない!」と思ったり「ビール安いな~。もう1本買えばよかったな~。」とまったりしていた頃が懐かしいです。

起こったのは「想定内だけど予期せぬ出来事」

打ち合わせが始まってすぐに、脊髄反射で「明日帰ります。」と同席者に言ってました。

同席者も「飛行機朝便しかない会社なんだから、17時までに変更できないと明日帰れないよ。急いで変更してもらって!」と電話を差し出しました。

結局、格安チケットだったので変更できなかったのですが、同席者が別の航空会社のチケットを取ってくれて、「パグさんはうちの会社のために来てくれたんだから、このチケット代はうちで持ちますよ。お金のことは心配しないで。ま、1万だけど(笑)。」との優しい一言。

「私は本件には一切関係ありません。後はお任せします。」と送り出され、戻って来ました。これって表面上は冷たいようですが、さすがの気遣いです。

帰ってきたら帰ってきたで事後処理に追われる日々。

今後のことを考えて報告せねばならず、いろいろな思惑から報告書に多方面からチェックが入り、明らかに焦点がぼけたものになってしまいました。官僚の汚職事件の処理をやっているみたいだなー。

悩んだ末に、「本件には一切関係ありません」と送り出してくれた同席者にを相談したら、普段からは想像出来ないような優しい口調でアドバイスをくれました。

そしてしばらくして、

「事実は事実として報告すべきです。パグさんが責任をかぶる必要はありません。あなたの上司も馬鹿正直な人ですから、ありのままを報告しろと言うでしょう。余計なことだったら許してクダサイ。」

という気遣いメールがそっと送られて来ました。

問題があったときに優しくされると、逆に落ち込みます。うーん、ダメダメだな。

落ち込んだことにかこつけて、「そっちに出向しようかと思うんですけど。2年間限定で。」と提案してみたら、

「こんなとこ来たいの?冗談でしょ。」と一蹴。

そうですね、こんなダメダメのおいらじゃやっていけないでしょう。

来週も怒涛の1週間になるのでしょう。行くぞっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »